英会話カアップに役立つ読書術

洋書を績んで、気の利いた会話表現も身に付けたいと思っているなら、英会話力を磨くための洋書の読み方・選び方を学びましょう(^^)

英語のペーパーバックは、生きた英語表現を学べる貴重な教材です。初心者だから、英語本なんて自分にはまだ早いと敬遠していませんか。でもそれは非常にもったいないことだと思います。

知らない単語の数や本の厚さに圧倒されて、途中で挫折する人も多いのが洋書学習の常。そこで大切な事は、本の選び方です。

自分の好きなジャンルの本、あるいは興味の持てそうなテーマのものを選びましょう。そして手に取って、まず1パラグラフ読んでみましょう。最後まで読めそうなレベルかどうか、そこで見極めるんです。そうすれば、難しくて途中で投げ出してしまうようなこともなくなります。

英語のペーパーバックで目にした表現を、自分の英会話に積極的に取り入れたいと思って、会話文が多い恋愛ものを選ぶのも一つの選び方です。表紙を見て気に入ったら買う事だっていいんです。

大切なのは、覚えた単語や表現を自分でどんどん使ってみることです。英語で日記を書くこともお勧めです。インプットをアウトプットにつなげるための非常に効果的な練習法です。

読んだ英語のペーパーバックの中で、自分の英会話にも使えそうだと思った表現には下線を、そして、知っている単語だけれど見慣れない使い方だなと思ったものには丸印を付けておいて、後でそれを何度も読み返すという地道な作業をすることも、英語を話すときの下地として生きてくるんです。

どんなことでも「継続は力なり」です。
地道な努力を続ければ必ず報われるということを体験してみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://eigoj.net/MTOS/mt-tb.cgi/7

コメントする

このブログ記事について

このページは、eigojが書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「The Dragons of Blueland(ペーパーバック)」です。

次のブログ記事は「Who Moved My Cheese?(ペーパーバック)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。